主婦でも借りれる金融

MENU

自分のお金が欲しい…

仕事をしている時は、主人と同じぐらいの手取りがあったので、特にやりくりしなくとも毎月余裕を持って生活できました。
結婚後、しばらくして専業主婦になろうと考えた時、一番気がかりなのはお金の事でした。

 

世帯収入が半分になってしまうわけですから、はたしてやっていけるのかと不安にはなりました。
毎月の収入と支出のシミュレーションを何通りも考え、まあやれない事はないだろうと結論を出し、思い切って退職しました。

 

結果、毎月毎月泣きそうです。
自分の為に自由に使えるお金が無い事がこんなにさみしいとは思いませんでした。

 

基礎化粧品も安いものに変えました。ファンデーションもチビチビ使う日々です。
欲しいものを買うのではなく、安いものを選ぶ毎日です。

 

そして、専業主婦になると意外とかかるのが被服費です。
仕事をしている時は制服のある会社だったので、私服は休みの日に着るだけでしたが、専業主婦になると毎日私服を着なければなりません。

 

これも、安くて有名なショップで安い服を買って大事に着ています。

 

主人は、「お小遣いもとったらいいよ」と言ってくれますが働いていない身で毎月お小遣いを貰うのは気が引けますし、出来るならその分貯蓄にまわしたいと思います。

 

そんな風に生活しているので、毎日節約の事を考えてしまいます。
少しでも安い物を買おうと頑張っている自分が時々かわいそうになります。

 

自分で選んだ道なので、後悔しているとは言いたくないですが子供がもう少し大きくなったらわずかな収入でもパートに出て、「自分で稼いだ自分で使えるお金」を手に入れたいです。